でく工房

レポ - next

NEWS

2017年10月26日

11月11日(土)勉強会のお知らせ
9月の勉強会で話してくださった、小川順也さんと岡野菜摘さんと、車椅子当事者の方のなかなか聞けないお話しです。

★タイトル
でく工房✖️ReCafe〜当事者からみた車椅子の役割と機能とは?〜

理学療法士の2人が、医療現場からちょっと離れて活動をしてみたら、障がいのある方々から、色んな本音が聞こえてきました。
リハビリ室ではなかなか言えないことがたくさん。
セラピスト&患者さん、ではなく、人と人として、ゆるりと繋がってみると、びっくりするほどたくさんの学びがあります。

〜ReCafe 小川順也さんのFacebookより〜

10:00〜12:00
無料・誰でも参加できます。事前にお電話ください。
でく工房にて

2017年10月17日

11月11日(土)の勉強会のタイトルが変更になりました。
車椅子利用者の方とセラピストの方がいらして、お話しをしてくださいます。
是非ご参加ください。タイトルは下記になります。
『ReCafe〜当事者からみた車椅子の役割と機能とは?〜』

2017年9月1日

10月7日(土)こどものための福祉機器展を開催します。
チラシには入っていませんが、1社㈱ユーキ・トレーディングの製品も展示してもらいます。
シャトルディスカバリー(バギー)」「バリライトジュニアシートクッション」「ステルスヘッドポジショニングシステム」

シャトルディスカバリーの特徴
■0歳からも使える ■二人乗りOK ■操作簡単 ■大きな搭載台 ■対面式にも
日本初上陸。ニュージーランド高機能バギー。成長対応型ジャストフィットな乗り心地。

2017年8月18日

10月7日(土)に開催されます「こどものための福祉機器展」のチラシができました。
ポスター(A2)、チラシ(A4)、はがきをご希望の方はご連絡ください。

2017年8月4日

9月の勉強会の内容が変更になりました。 9月9日(土) 10:00~12:00 理学療法士の小川順也さんの「理学療法士からみたシーティング」の話しをお聞きします。
小川さんは国立精神・神経医療研究センターで理学療法士として勤めていましたが、2015年から、一般社団法人「変わる!介護」の理事として介護者やご家族へ向けたリハビリのセミナーや自費のリハビリサービスを行っています。
障害児、神経難病、高齢者の方たちと関わってきています。
また、一般社団法人 ジョブリハの代表理事であり理学療法士の岡野さんからは、障がい者の就労の現状や子供達の将来を見据えた活動に関してのお話をして頂きます。
イベントカレンダーをご確認ください。

2017年7月25日

勉強会と工房開放のお知らせ
7月29日(土) 無料・どなたでも参加できます。事前にご連絡を。
★10:00〜12:00 「アビリティーズ」車椅子クッションを知ろう!
ロホ製品全機種を試すことができます。
★13:00〜15:00「工房開放」
何をするかは参加する方の自由。

でく工房について
オーダーの椅子づくり
でく工房オリジナル製品
すくい易い食器
2016年イベントカレンダー
でく工房だより
光野有次の気分はバリアフリー
デモ機依頼書
シーティング計画書