ペルチェア

ペルチェアは疲れにくい姿勢をサポートすることで、
長時間疲れずに座ることを可能にします。

座っていてこんなお悩みありませんか

座っていて「腰が痛い」「体が疲れる」
というのは
歳のせいでもなく、体のせいでもなく
原因は椅子
かもしれません

椅子は座る人によって適したサイズがあります。
合わない靴が足を痛めるように合わない椅子も体を痛め疲れさせます。

ペルチェアなら
長時間座っても疲れない

ペルチェアは体のサイズに椅子を調整できるのはもちろん、骨盤を支えるユニークな仕組みを搭載しています。
左右のパッドで骨盤を支え、後ろのベルトで骨盤と背骨を理想的なカーブに保つことができます。
自分の力を使わなくても、省エネの姿勢で座り続けられるので疲れにくいのです。

ペルチェアに一度座ると、もう立ち上がりたくないくらいの心地よさを味わえます。

椅子に座っていて疲れてしまう3つの原因

1
背もたれが
合っていない
1
背もたれが
合っていない

背もたれが合わないと体を支える面積が少なく体を支えるのに体力を使います。 それが疲れの原因に!!

2
奥行が
長すぎる
2
奥行が
長すぎる

腰の後ろに隙間が空くと腰に負担がかかり腰痛などが起こります。その腰痛が疲れの原因に!

3
椅子の高さが
合っていない
3
椅子の高さが
合っていない

高さが合わないと局部的に負荷がかかり血行が悪くなります。それがしびれ、だるさを引き起こし疲れの原因に。

ペルチェアに長時間座っていても
疲れにくい理由

疲れの原因を取り除く
ユニークなサポート機能

ペルチェアは、椅子に座っていて疲れてしまう原因を取り除き、
疲れにくい姿勢を作りその姿勢を保つ機能を搭載しています。

1
背もたれの
ベルト調整
1
背もたれの
ベルト調整

ベルトの張り方を調整して、体のラインにピッタリ合わせることで背中全体がベルトで支えられ、疲れが軽減されます。

2
奥行の調整と
高さの調整
2
奥行の調整と
高さの調整

奥行と高さを体のサイズに合わせると、座面にかかる圧が分散され、体も安定して疲れが軽減されます。

3
骨盤を左右から
支えるパッド
3
骨盤を左右から
支えるパッド

骨盤を支えるパッドで、背筋がピン!疲れにくい姿勢に。横倒れも防ぎます。

ペルチェアは
座ることの
プロ

作っています

シーティングの第一人者が開発した椅子、
ペルチェア

正座、あぐら、横座り、体育座り。

日本人は、椅子を使わずに自分の体を使っていろいろな座り方をしてきました。しかし、ひとたび腰を痛めたり足を怪我したり膝を悪くすると、これらの座り方はつらくなります。体にハンディがある方は、椅子なしでは座ることができません。

でく工房は、自力で座れない方々が「座る」ことができるように、オーダーの椅子を作り続けてきました。作る際には、体のどこをどのように支えたらよいのか、また体に負担をかけない姿勢はどのようなものかを追求してきました。さらに重要なことは、その姿勢を【保ち続けること】です。自力で座れない方は自分でその姿勢を保つことができません。力を使わずに負担のない姿勢を保つ椅子でなければいけません。

体に負担のない姿勢を作ること、その姿勢を保ち続けること、これらの技術を“シーティング”と呼びます。

でく工房の創始者であり、現在会長の光野有次は、40年以上にわたり、実証的にまた理論的にシーティング技術を培ってきました。

シーティング技術に基づき、体に負担のない姿勢を作り、その姿勢を保ち続けることに特化した椅子として『ペルチェア』は開発されました。

ペルチェア開発者
光野 有次(みつの ゆうじ)
■経歴
  • 1972年金沢美術工芸大学卒業。
  • 工業デザイナー、シーティングエンジニア
  • 1974年、でく工房を創業。現会長。
  • シーティング関連の講習会を1年を通じ全国で開催。
■著書
  • これならわかるシーティング(ヒポ・サイエンス出版)近刊予定
  • 寝かせきりにしない!「坐り」ケアの実践
  • 笑顔を引き出すシーティング(ヒポ・サイエンス出版)
  • 生活づくりのシーティング(雲母書房)
  • シーティング入門(中央法規)
  • バリアフリーをつくる(岩波新書)
  • 生きるための道具づくり(晶文社)

ペルチェアの機能、
そのポイントをさらに詳しく

POINT1
座面の高さを調整できる

ペルチェアは脚の長さを変えることで座面の高さを4段階に調整できます。

座面の高さが高すぎると、足が床にぴったりつけることができません。この姿勢を長く続けると、ももの裏が局部的に圧迫されて足がしびれ痛くなります。

座面が低すぎると膝があがり、座骨の下が圧迫されて、しびれや痛みをひきおこします。

高さを調整することで痛みが軽減

座面にかかる圧が分散され、体も安定して疲れが軽減されます。

POINT2
奥行きを調整できる

座面を留めているネジを付け替えることで、座面の奥行を2段階変えることができます。

奥行が長すぎると、腰を前にずりださないと座れません。背中の一部で体を支えることになり、腰の後ろに隙間があきます。腰に負担がかかり腰痛の大きな原因となります。

奥行を調整することで負担が軽減

腰への負担がなくなり、体も安定して疲れが軽減されます。

POINT3
疲れにくい姿勢を作り、保つ

このポイントこそが体に負担をかけない姿勢を作り、その姿勢を保つ【シーティング】の技術を活かした機能なのです。

疲れる姿勢とは

座ると背中が丸まり背骨はC字カーブになりがちです。S字カーブを保つには筋力が必要だからです。しかしC字カーブの姿勢では体がつぶれ、胸やおなかが圧迫されることで、呼吸が浅くなり消化が悪くなります。

長く座っていると、どうしても疲れて体は左右に揺れてきます。
背骨が左右に揺れると、重い頭を支えるために筋力を使うことになりさらに疲れます。体が疲れるのは骨盤が倒れるからです。

疲れにくい姿勢はS字カーブと垂直に立つ背骨が大事

座った時の疲れ方は、重い頭 (約体重の10分の1) をどのような姿勢で支えるかによって違ってきます。
頭を省エネで支える姿勢がもっとも体に負担をかけない姿勢となります。
イラストのように、横から見て背骨はS字カーブを描き、正面から見て背骨を垂直に立たせる姿勢がとれれば、一番楽に座っていることができます。
しかしこの姿勢を保つためには筋力を必要とするので長くこの姿勢を保てません。
ペルチェアは背中のベルトと骨盤パッドによって、この姿勢を保ち続けてくれるのです。

S字カーブを自然に作る
背中ベルト

骨盤を締めるようにベルトを張り、上に向かって体のカーブに沿わせるようにベルトを調整すれば自然に求めるカーブを作れます。
同時に背中全体にベルトが接するので、支える面積が広くなり、非常に楽にこの姿勢を保ち続けることができます。

骨盤を安定させ
背骨を垂直に立たせる
骨盤パット

正面から見た時に背骨を垂直に立たせるのは、骨盤を左右から支えるパッドです。
長く座っていると、どうしても疲れて体は左右に振れてきます。背骨が左右に振れると 、重い頭を支えるために筋力を使う事になりさらに疲れます。体が振れるのは骨盤がゆれるからです。骨盤を安定させるために骨盤パッドで支え、背骨を真っすぐに保ちます。

お客様の声

3時間お相撲を見ても疲れません

今までは椅子に座っていてもすぐに疲れて横になっていました。ペルチェアだと、3時からのお相撲を6時まで見ていても疲れません。
80代女性 東京

腰が牽引された感じで楽になります

腰痛もちで、立っていると腰が痛くなります。自分の作品の展示会場で会場の廊下に置いたペルチェアにしばらく座っていると腰が牽引された感じで腰が伸びて、痛みがとれました。立っていて痛くなるたびに、ペルチェアに座って痛みをとっていました。
40代男性 画家 東京

寝る以外の時間起きていられるようになりました

今までは、疲れるとすぐに横になっていたが、ペルチェアに坐るようになってからは、夜寝る時間以外はずっと起きていられるようです。すぐに横になってしまっていたので、このままだと、寝たきりになってしまうと心配していましたが、昼間ずっと座るようになり、安心しています。
80代女性(ご家族の声) 東京

腰が安定します

いままで腰痛で床には座れない。ダイニングテーブルの椅子に座布団を敷いたり背中に当てたりしていたが、ペルチェアだと腰が安定するので一日の食事以外の時間を座ってすごしている。
80代女性

呼吸が楽になりました

ペルチェアにしばらく座っていたら、呼吸が楽になりました。体が伸びたからだと思います。
70代女性 東京

70万円の椅子よりよかった

腰が痛くていくつも椅子を試していました。ペルチェアは2時間座っても、首も腰も疲れません。前に買った70万の椅子は座らなくなってしまいました。とても幸せ。最後の椅子が見つかりました。
90代女性 東京

なんと歩けるようになりました!!

今まで座っていても、すぐに疲れて横になっていました。歩くのも困難でした。しかし、ペルチェアに座ってからは日中横になることがなくなり、座っていて足首を回すようになって、ついに歩けるようになりました。本人も家族もビックリです。以前の母とは確実に変わりました。
80代女性(ご家族の声) 東京

曲がった背中をピッタリ支えてくれるので楽です

小柄で背中が曲がっているので、今までの椅子だと、足が届かないし背中をもたれることができませんでした。ペルチェアは低くできるし、背中のベルトが丸い背中にピッタリくっついて支えてくれるので、本当に楽です。腰の痛みもとれてきました。
70代女性 東京

ペルチェアへの想いを聞いてください

はじめまして。
私は、ペルチェアを開発した「でく工房」の社長の竹野節子です。創業者の主人が亡くなってから、でく工房を引き継いでいます。でく工房は1974年に創業しました。

自分の力だけで座ることができないお子様のために、一人一人に合わせたオーダーの椅子を作ってきました。
どこを支え、どこを押さえ、どんな素材を使ったら、体に負担がなく座ることができるのかを追求してきました。今まで座ることができなかったお子様が、椅子を工夫することで、座ることができます。座ることで、勉強したり、遊んだり、いろんな景色を見ることができるようになるのです。

長年蓄積してきた、「体に負担なく気持ちよく座っていただく」という【シーティング】のノウハウを、もっと多くの方に利用していただきたいという思いが、このペルチェアを生み出しました。
「腰が痛いから座れない」「歳をとったから座れない」のではなく、座れない椅子だから座れないのです。

体に負担のない椅子なら、あなたは長い時間座っていることができるかもしれないのです。
疲れてしまうからすぐ横になってしまうのでは、あっという間に寝たきりの生活になってしまいます。
元気に楽しく過ごすためにも、是非使ってみてください。

関家具×でく工房の
コラボ

関家具でく工房のコラボ

ペルチェアは、Care TEX2016という介護関係の展示会での関家具とでく工房の出会いから始まりました。
でく工房の会長光野が、同じ会場に展示されていた関家具の椅子を見て、「この椅子なら、でく工房のノウハウを取り込んだ椅子に応用できるのではないか」と思い声をかけたところ、さっそく関家具の担当者がでく工房に来房。障害のある方向けに、すでに製品化されている、レポ-シリーズの椅子を見ていただき、実際に座ってもらいました。

「こんな座りやすい椅子は初めてです!!」「骨盤を支えるなんていう発想は初めてです。」「サイズを合わせるということが、どんなに重要かわかりました。」と、こちらの説明に、ひとつひとつ驚き、感動してくれました。
この日から、関家具とのコラボがスタートしたのです。でく工房が座ることのノウハウを、関家具がメーカーとしての技術を持ち寄り、ペルチェアは誕生しました。

オレンジ
シルバー
■機能■
  • ①骨盤パッドの調整機能
    (骨盤パッド調整幅/約32~44cm)写真:A
  • ②背中のカーブに合わせた張りベルトの調整機能写真:B
  • ③座面の高さの調整(座面高/約36・38・40・42cmの4段階)
    脚部の下側の調整用駒を付け替えることで座面高を調整
    カバー内部に収納ポケット付き写真:C
  • ④座面奥行の調整(座面奥行/約35・39cmの2段階)写真:A
  • ⑤工具不要の簡単調整!
サイズ: 横幅60cm×奥行61cm×
高さ74~80cm
(座面高36~42cm)
座面からアームレストまでの高さ19cm
重さ: 9.3kg
素材: 背座/整形合板心材・ウレタンフォーム張包
脚/木材(ビーチ材)・スチール
生地/ビニールレザー
色: オレンジ/シルバー
価格: ¥83,000+税